セブンイレブン! 店員的オムニ7の つかいかた

お店で24時間いつでも受け取りが便利すぎる。 店員さんがいろいろな情報を発信していくよー

【脱漆黒企業】労働環境の改善を真面目に考える【セブンイレブン!】

本日のお題を始める前に読者の皆様に伝えたいことがあります。

 

私のブログのリンクからお買い物をしていただいている方、毎日読んでくださっている方に心から御礼申し上げます。

 

f:id:omni7:20180521085213p:image

今後も皆様のお役に立てる情報をアウトプットし、成果をシェアできるよう努めてまいります。

 

この記事の朗読版はこちら↓

https://youtu.be/sOSOBG48Tf0

 

改めまして本日のお題

f:id:omni7:20180520065244j:plain

①を改善するには、まず③が行われていない事が前提となります。

 

ということで③の確認、給与明細の赤枠部分を確認します。

f:id:omni7:20180520065332j:plain

このように勤務総時間が00分または15分、30分、45分となっていたら切り捨てられている可能性が極めて高いです。

たまたまかもしれませんので3カ月分くらい確認してみましょう。

もし切り捨てられていたら残念ながら違法となります。

 

しかしここで大騒ぎしてしまうと損です

まずはOFCに相談しましょう。

これはシステム的にも問題があると思います。

違法であるなら最初からこのような労働時間の管理方法などできないようにしてしまえばいいのに、なぜか「15分単位で計算」か「1分単位で計算」を選べるようになっているのです。

 

ここが今真っ先に突かれるポイントかと思われます、まだ実施されていないお店さんは速やかに1分単位に切り替えましょう。

 

近隣のお店では訴訟に発展し、過去に遡り残業代未払い分も含めた数百万円を請求された事例があります。

↑のフレーズをOFCからオーナーさんに伝えてもらえればベストかと

 

従業員さんと上手くいっていないオーナーさん、明日は我が身です。

 

ただし休憩も1分単位で入力していただけるので、休憩を法定時間未満で取っている(これも違法)場合は切り捨てをやめて増えてしまう分しっかり休憩を取ってもらえばオーナーさんのダメージは軽減されるはずです。 

 

オーナーさんはこれを実施する場合「労働環境改善のため」というようなポジティブなタイトルで始めましょう。

もっと言うと「全店で実施ではありません未実施のお店に迷惑がかからぬよう他言はお控えください」なんて書いたらさらに良い

 

せっかくやるのに「現状違法で〜」とかそんなネガティブな言葉は使ったら損。

 

ここまでできてようやく①

 

これは書いてあるまま「着替えも労働時間に含まれますよ」ということ

出勤して着替える前に「勤怠ボタン→出勤」着替えた後トイレに行ったりバックルームでスマホとかはNG、速やかに業務に取り掛かることになります。

 

注意したい点は本来の出勤時間よりどの程度前から入っていいかオーナーさんに確認する事。

 

15分単位で計算されていた頃は10分前に入ってもお給料が発生していなかったものが、1分単位で計算する場合は以前と同じように10分前に入るとその時間にもお給料が発生するからです。

 

10分×6日で1時間分もお給料が増えちゃいます。

 

帰りも同様です、業務終了後はおしゃべりやスマホの前にまず着替えてから「勤怠ボタン→退勤」となります。

しかし着替えてしまうとなんとなくおしゃべり(コミュニケ)に花が咲かないという場合は、着替える前に勤怠ボタンでしょうかね。

 

オーナーさん側のメリットとしては、残業を1分単位でお願いできる事です。

 

5分、10分残ってもらいたいと思っても15分しか選べなかったものが必要な分だけ残業をしてもらい、終わったら上がってもらえるようになります。

 

これにより人件費削減と同時に従業員さん側の「サービス残業をさせられている」という感覚をなくす2つのメリットが得られるはずです。

 

労働環境の改善は従業員さんから、将来大きなリターンを期待できる投資。

「会社やオーナーさんから大事にされている」と感じている従業員さんは、きっと応えてくれます。

 

例えば今実施中の揚げ物300円で〜キャンペーンの場合、交換枚数は1日で80枚を越えることがあります。

本来なら届かなかった300円までの不足分に加え、無料プレゼント分の売上も稼ぐ接客に成功しています。

 

売上に繋がる入り口(高い接客力)をしっかり作るためには、目先の小銭(違法行為をしてまで得た汚いお金)を追ってはならないという考え方です。

 

長くなってしまったので、②のお話は次回にします。

 

続きの記事ができました↓