セブンイレブン! 店員的オムニ7の つかいかた

お店で24時間いつでも受け取りが便利すぎる。 店員さんがいろいろな情報を発信していくよー

【Part1】焼きそばパンを3週間、毎日30個売れ!セブンイレブン!

手書きPOPの効果はあるの?

 

こちらの記事の最後に書かせていただいた、あるお店の事例を紹介していきます。

 

新型焼きそばパンのテスト販売の対象店舗として選ばれた10のお店の店長やオーナーさんが、ある施設にあつめられたそうです。

 

地区100店舗弱の中からのセンバツ10店舗ということで、まわりは錚々(そうそう)たるメンツなわけですよ。

 

ぱっと見わたして店長さんは

「上から7番か8番目ですね。」

とオーナーさんに言ったそうです。

 

あとからわかった情報でそのお店さんは、テスト前の惣菜パンの販売数で10店中6位でした。

つまりお馬さんで言うと、6番人気のお店だったわけですね。

 

パンについての説明会が始まります。 

「この生地はああでこうで今までのものとは全くちがうんです!それではご試食ください」

 

うん、たしかに美味しい。

でも見ためはなんの変哲もない「普通の焼きそばパン」なんです。

しかもS鮮度(納品から24時間ほどで廃棄になる商品)

 

DM(本部の人)だったかな?

「これを1日30個、お約束していただきたい。

怖い怖い何その言い方。

焼きそばパンは1日に10個も売れない商品ですよ、それを3倍以上発注しろって…毎日が誤発注だよ。

 

「期間は3週間です。」

 f:id:omni7:20180604024001j:image

ぽくぽくぽくぽく…ちーん

 

その場にいただれもが3週間、3食焼きそばパンを覚悟した瞬間です。

 

はなしが複雑になるので省きますが、じつは同時にもう1アイテムテスト商品がありました。こちらはL鮮度、約束の数字は1日20個だったかな。

 

あなたならどうしますか?

 

今までどおりの売り方では毎日20個は廃棄になる計算です。

 

試食?手書きPOP?声かけ?

見切り販売?ノルマ?

 

一休み一休み

ということで次回に続きます。

 

 

続きの記事ができました↓