セブンイレブン! 店員的オムニ7の つかいかた

お店で24時間いつでも受け取りが便利すぎる。 店員さんがいろいろな情報を発信していくよー

店員の幼少期を振り返る

今日はちょっと気分転換に私の幼少期を振り返ってみたいと思います。

 

2〜5歳

ある日お外で父親に

「そこからジャンプしろ、受け止めてやるから」

と言われて1mほどの高さからジャンプ。

 

受け止めてもらえず前歯2本が折れる。

 

2歳下の弟が産まれて退院する日
「この子は置いていって」
と母親に向かって言ったそうです。

ある日家族4人でドライブしていたとき、後部座席に私と一緒に乗っていた弟が車から落下する事件もありました。犯人は未だにわかっていません。

 

5歳

両親が離婚、父親に引き取られる。父親の実家で祖父母と一緒に暮らすことになる。

 

祖父母は頻繁に近所のパチンコ屋に私を連れて行きました。

私はいつもパチンコ玉を拾って歩いていた記憶があります。

 

夜になると近所のスナックに連れて行かれました。

割り箸を90度に折って呪文を唱えながらクルクル回して、次に歌う人を決める儀式が行われていたことを覚えています。

 

祖父母がパチンコや飲みに行くお金は、私の父親名義で借金をして捻出していたようです。

頻繁に〇〇クレジットという場所に祖母と行った記憶があります。

 

当時の祖父は祖母の再婚相手になります。祖母の元夫つまり私の実の祖父は28歳で亡くなっています。労災と聞かされていますが真相は闇の中です。

 

弟をいじめては怒られる日々を送っていました。

布団たたきを持った老婆に追いかけ回される映像が脳裏に焼きついています。

落下した弟、生きていたんですね。

 

 

小学校入学

祖母に面倒を見てもらっていた私。

上述したような祖母が私の入学準備などまともにできるはずも無く、入学式は上下真っ赤なジャージで出席させられる。

周りは全員ブレザーのようなものを着用。

 

思い出の集合写真はいつか手に入れるつもりです。

 

6年生

転校に転校を重ねたその先で1年生の時の担任の先生と再会。

感動の再会です

 

その女教師の第一声は

「あ!あの赤ジャージの!」

ですよ。

あの女は教師になるべきじゃないと思う。

 

 

6年生までのエピソードとそれ以降のエピソードはまたの機会に。