セブンイレブン! 店員的オムニ7の つかいかた

お店で24時間いつでも受け取りが便利すぎる。 店員さんがいろいろな情報を発信していくよー

セブンカフェ!1杯の利益を求めて【2018年版】

セブンカフェ1杯がもたらす利益を求めてみます。

今回はホットレギュラー

 

まずは

セブンカフェの値段(価格)

※R=レギュラー

   L=ラージ

 

f:id:omni7:20181030101638p:plain

ホットコーヒー R.
93円(税込100円)

ホットコーヒー L.
139円(税込150円)

 

f:id:omni7:20181030101827p:plain

アイスコーヒー R.
93円(税込100円)

アイスコーヒー L.
167円(税込180円)

 

f:id:omni7:20181030101900p:plain


ホットカフェラテ R.
139円(税込150円)

ホットカフェラテ L.
186円(税込200円)

 

f:id:omni7:20181030101935p:plain

アイスカフェラテ R.
167円(税込180円)

アイスカフェラテ L.
232円(税込250円)

 


 

ここから本題

 

HOTレギュラーの場合

売価 100.00 
原価 33.53 
荒利 66.47 

 

この荒利は本部と分け合うことになるので、チャージ率50%とすると 

セブンカフェ1杯の利益は33円ということになります。

 

 

参考資料(ホットR) 

カップ 7.66 
15.62 
フタ 2.35 
フィルター 1.13 
マドラー 1.42 
シュガー 1.87 
ミルク 3.47 

 

わかりやすくすると上記のような感じなのですが、実際は1杯の荒利が72円ということなので恐らくシュガーとミルクは原価計算に含まれていないと思われます。

 

ブラックで飲んでいただいた場合の利益は36円。

 

72円-チャージ=36円

そこからシュガーとミルクの分を引くと30円しか残らない計算になります。

 

この数字はおおよそです

 

チャージ率はお店によって違いますし、マシンの電気代、水道代、清掃や備品補充交換にかかる人件費、メーカーによるメンテナンス代等がかかってきますので、お店に残る利益はさらに下がると考えられます。

 

なお試算した原価はミルク(フレッシュ)、シュガーを1個ずつ使用した場合の数字になります。

2個、3個使われた場合さらに利益は圧迫されます。