セブンイレブン! 店員的オムニ7の つかいかた

お店で24時間いつでも受け取りが便利すぎる。 店員さんがいろいろな情報を発信していくよー

【#77~#80】セブンダイエット!カラダへの想いこの手から【シーズン1最終話】

「セブンダイエット!」

セブンの店員が夏に向けてダイエットする企画になります。

ルールは3つ

  1. セブンの商品を食べる
  2. 炭酸飲料は飲まない
  3. 運動はしない

 

お仕事のある日は、1日1食以上セブンの商品を食べています。

その1食をこちらの謎のマークが入っているものに置きかえます。

 

このマークがついているものなら、どれでも好きなだけ食べていいルールにします。

デブは自分に甘いんです。

カロリーの計算もしません。

 

ついでにペットボトルの炭酸飲料もやめます。

ドリンクの発注担当者である私にとっては致命的ですが、太ったままでいることの方が致命的なのでやむを得ません。

 

楽して痩せる実験台になりたいので運動はあえてしません。

運動の方法は人によってバラつきがあり、このへんのがんばり方の違いが結果に影響してしまいそうなので。 

 

測定のタイミングは起床後です。

起床、測定、朝食、昼食(セブン)、夕食、就寝

このサイクルでお届けしています。

 

お休みの日はダイエットもお休み、なので「何日目」という表記ではなく「何回目」と表記しています。

f:id:omni7:20180620125212p:plain

 

ラインナップの一部↓ 

f:id:omni7:20180813115430p:plainf:id:omni7:20180813115449p:plainf:id:omni7:20180813115532p:plain

f:id:omni7:20180813115637p:plainf:id:omni7:20180813115659p:plainf:id:omni7:20180813115724p:plain

f:id:omni7:20180813115743p:plainf:id:omni7:20180813115826p:plainf:id:omni7:20180813115845p:plain

 

f:id:omni7:20180620125229p:plain

 

この企画を楽しみにしてくださっている読者様、ご無沙汰しております。

 

f:id:omni7:20180903110521p:plainf:id:omni7:20180903110542p:plainf:id:omni7:20180622015404j:plain

f:id:omni7:20180703092334p:plainf:id:omni7:20180703092334p:plain

 

メニューはおにぎり2~3個。

飲み物は一日一本を2本。

 

【#77】

スタートから-4.8㎏

前回差-0.1㎏

目標まであと0.2㎏

 

【#78】

スタートから-4.5㎏

前回差+0.3㎏

目標まであと0.5㎏

 

【#79】

スタートから-5.0㎏

前回差-0.5㎏

目標まであと0.0㎏

 

【#80】

スタートから-5.2㎏

前回差-0.2㎏

目標貫通

f:id:omni7:20181013003841p:plain

 

 

とうとうこの時がきました。

お別れのときです。

 

6月20日の記事からスタートした、このダイエット企画は今回の#80を持って終了となります。

 

セブンイレブンのおいしい食べ物に囲まれて、入社から5年で13㎏太りました。

 

そこから3㎏は自力でダイエット。

その時点でまだ平均体重+5㎏、入社時から+10㎏の状態

 

週5日仕事の日だけ、1日1食カラダへの想いこの手から商品を食べるようにして3ヶ月半。

炭酸飲料もサウザクーラー以外飲みませんでした。

 

運動を一切することなく5㎏のダイエットに成功。

無事、標準体重になることができました。

 

体脂肪率は23.5%→18.9%

 

f:id:omni7:20180703092334p:plain

週5日これを一日二本投入していた効果かな?

 

鏡に映る自分のお腹が3ヶ月半前とは別人です。

 

「ダイエット中なのにおにぎり3個も食べるのかよw」とか「飽きるだろ」とか色々言われてきましたが、無理することなく結果は出ました。

 

毎週のようにお休みの日は外食し、食べ放題などを楽む生活スタイルなので「カラダへの想いこの手から」をやめるのは正直怖いです。

 

それだけ効果を実感できました。

 

それから恐らくブログの企画にしていなかったら痩せることはできなかったでしょう。

 

「誰かが見てくれている、見ている誰かをがっかりさせたくない」 という気持ちが

「痩せたい」という気持ちよりも大きかったです。

 

最終話まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。 

いつの日かまたお会いしましょう。